NAME : Daizo
  BLOOD TYPE : B
  BIRTHDAY : 1 / 8

  
MESSAGE from Daizo :
  真実を被うメッキの皮は何時か剥がれてしまうもの。
  僕にとって音楽は、言葉を伝える上で一番の表現方法。
  素直な想いを、自由に表現する為の世界。
  あなたに伝えたい言葉がある。
  あなたに感じて欲しい音がある。
  ここから発信される音に、【ジャンル】なんてものは存在しない。
  それは時に、温かい気持ちで満たされたり、
  はたまた突き刺される様な感覚に陥る世界かもしれない。
  Daizoが発する愛(LOVE)と、人としての生き様(ROCK)を、
  その5感全てで体感して欲しい。






●2014~
2/26、ヴォーカリストとして4曲参加したアニソンコンピアルバムが、TSUTAYAにてレンタル開始。



●2013~
1/12、マキシシングル「LOVE&ROCK」をリリース。大塚Hearts+にて、通産14本目となるワンマンライブ、「LOVE&ROCK」開催。
1/30、新宿navi cafeにて、通産15本目となるワンマンライブ、「アコースティック独奏歌」開催。



●2012~

2/7、上野BRASHにて、“アコースティック 2MAN LIVE”を「水鏡」と決行。
6/11、初のDVD映像作品「LOVE&ROCK」を発売。同日インストア主催イベント、「LOVE&ROCK vol.9~Live in a Heart~」を開催。200名を動員。
10/16、初のアコースティックアルバム、「ACOSTYLE.Ⅰ-独奏歌-」をリリース。十日市場 LIVE cafe 2000にて、リリースワンマンライブを決行。



●2011~
1/8、学芸大学APIA40にて、通産13本目となるワンマンライブ、「生誕ワンマンライブ“夢に向かって vol.1”」開催。
Daizo主催イベント、「LOVE&ROCK」シリーズ始動。(月1開催)
9/25、ミニアルバム「LOVE&ROCK」をリリース。
初のネットTV冠番組、「原田圭とDaizoのアキバで大塚RED-Zone」が、Akiba.TVよりスタート。
10/30、シングル「希望の花」をリリース。被災地復興支援をコンセプトに、全売上をH=and Projectに寄付。
ギターアクセサリーパーツ専門店、「GUITAR HEADS」の新製品イメージモデルに抜擢。



●2010~
Daizo生誕イベント、「俺の全てを出し尽くせ!飽くなき餓狼の挑戦∞感謝の日」にて、全29曲を演奏。
4/10、独奏公演では初となる、“アコースティック 2MAN LIVE”を「水鏡」と決行。
クリスタルビッグレコードより、6th シングル「愛と絆のコトバ」をリリース。
数多くの主催イベントを開催しつつ、11/6には通算12本目となるワンマンライブを、大塚RED-Zoneにて開催。



●2009~
クリスタルビッグレコードより、THE TDS、1st シングル「桜色に染まれ」をリリース。
“ハイクオリティーな独奏者の闘い”をコンセプトに、Daizo PRESENTS「独奏魂」シリーズがスタート。
9/1、Daizo初となるコラボレーションカバーシングル、Daizo×上田仁「蝸牛人間」をリリース。
TVCM「三井住友VISAカード」にコーラスで参加。



●2008~
クリスタルビッグレコードより、5th シングル「またね」をリリース。
渋谷O-EAST、「2008 Summer Again ~この夏をもう一度~」に出演。
音楽専門誌「We Rock」の付録DVDに、THE TDSのライブ映像が掲載。



●2007~
インターネット音楽情報マガジン「music UP's」にて、ファン登録数、初登場2位、その後1位を獲得。
クリスタルビッグレコードより、4th シングル「NEVER GIVE UP」をリリース。
1年で4回に渡り、昼にワンマン&夜に主催イベント、1日2公演ワンマン等を決行。
クリスタルビッグレコードより、初のフルアルバム、「INFINITE FAITH」をリリース。



●2006~
Daizo主催イベント、「SOUND+CROSS」シリーズ始動。
6/24、大塚RED-Zoneにて、ワンマンライブ、「無窮の闘い vol.1 “なりたいものになるために”」開催。
クリスタルビッグレコードより、3rd シングル「君が好きだから」をリリース。
Daizo New Project、「Daizo with INFINITE INVADER」始動、12月のワンマンに向けて、3ヶ月連続、「3MAN LIVE」を決行。
12/10、大塚RED-Zoneにて、初の昼夜2公演ワンマンライブ、「無窮の闘い vol.2」開催。



●2005~
Daizo主催イベント、「春夏秋冬、燃えたぎれシリーズ」を、年4回に渡り開催。
(ゲストに、「手数王」こと、菅沼孝三氏率いる「W.I.N.S」が出演等)
クリスタルビッグレコードより、2nd シングル「般若笑島」をリリース。
CD付きフリーペーパーマガジン、JIVE・Vol.29(5月号)に、「般若笑島」収録。
10/22、大塚RED-Zoneにて、ソロ初ワンマン、「いざ無窮の旅へ!俺がやらねば誰がやる!」開催。動員数130人。



●2004~
都内のライブハウス、ストリート等で、精力的にライブ活動開始。
「ハドソン・着信うた」にて、「FREE DANCE」が5週連続1位を記録、「END OF HEART」が、4週連続2位を記録。
殿堂入りアーティストとして、特集ページが設けられる。
クリスタルビッグレコードより、1st シングル「漂流舟」をリリース。



●2003~

自主制作による、1st シングル「FREE DANCE」をリリース。
群馬県桐生市民文化会館(小ホール)にて、初ライブ、「いざ上京!地元旗上げLIVE」を開催。動員数120人。
自主制作による、2nd シングル「END OF HEART」をリリース。
単身上京、活動拠点を都内に移す。



音楽との出逢い~ソロプロジェクト始動まで
幼少の頃、クラシックピアノをきっかけに音楽に目覚める。以降、15歳でギターを手に取り、プロで生きて行く事を決意。
作詞作曲を担当し、ギタリストとして幾多のバンド活動を経て、YAMAHA主催、TEENS' MUSIC FESTIVALではベストギタリスト受賞。
以降、ヴォーカルに転向しバンド活動を展開。また、様々な弦楽器や打楽器も操る事から、サポート活動も展開。
2002年9月21日にはセルフプロデュースによる、ソロ 1st アルバム「aim」の発売を皮切りに(発売3ヶ月で500枚を完売)、Daizoとしてソロプロジェクト始動。

●LOVE&ROCK MEMBER & STAFF
・GUITAR : from S.R.O.D.
・KEYBORD : 綺音 ex WeiβKlang
・BASS : 友樹 from GravityZEЯO
・DRUMS : Ryoju ex North Garden
・PHOTOGRAPHER : 小林伸
・DESIGN & MOVIE : 海野悠子
・MOVIE : 但野太
・HAIR MAKE : 田中ハナエ
・STAFF : 岩村有子


●GUEST MEMBER
▼GUITAR

・頼田 陵介 from 未成年
・TAKAYUKI from Twilight Neo
続城 健太郎
・和 ex ScApegoat
・Juice from shamrock
・尚克 ex LUNCH VOXX
福西 健実
・松田 潤

▼KEYBORD

絵夢
・五十部 裕明
・飯島 太呂

▼BASS

・謙 from 水鏡
・SUGURU
・明流 ex VeronicA
・まつ ex Lily of the Valley
ルル ex astarhythm
・康祐 from SuN-BoX
・YOSUKE from ROCK☆EXTREME
・健二郎 ex SAVANNA
・KATSU from PRIMEADDICT
・雄飛
・TSUYOSHI from LOUD'N'PROUD
・ふ~みぃ~ from sleep slow
・祐 from タイタンズ
・吉永 知史 from ROSE HIP GARDEN
・大貫 大輔 from Pool Side Planet

▼DRUMS

慶光
新造 from THE HIGH GRIP
・大志 ex RAZZLE
・MARK ex Cloud of grief
海保 けんたろー from メリディアンローグ
・大山 正篤 ex ZIGGY
・裕樹 from GravityZEЯO
・南雲 直樹 from ROSE HIP GARDEN
池田 曜大
・須田 純矢

▼GUEST VIOLIN

NaNaCo
・長嶺清香 ex 洗足学園音楽大学

▼GUEST DJ

DJ Left Hand


2002-2012 copyright (C) Daizo. All rights reserved. 【CONTACT